風俗嬢とSEXする

気持ち良くさせる事がまずは大事な事

これは風俗嬢に限らない事だと思うのだが、入れてもらいたいと思わせる事が大事な事だと僕は思う。
だから自分だけが気持ち良くなるのではなく、相手に対しても尽くしてあげる精神が大事だと思う。
少なくとも風俗で働いてる女の子というのはめんどくさがりも多いもので、
本番させちゃった方が楽だと思ってる子がいる。
そういう子は言わずもがなだが本番がしたいと言えば楽々本番が出来る事が多い。

ただし、それならそれで相手の事も気持ち良くしなくてはいけないので、
しっかりと相手の顔色もうかがうべきだ。
言ってみれば本番行為は禁止なわけだし、そもそもサービス外のオプションなのだから、
本番するならするでそれなりに相手の事も楽しませてあげなくては失礼に値すると思う。

ただし、本番をさせる子のほとんどは早く終わらせたいと思ってる子が多い。
一応仕事なのだから、早く終わるのならその方が楽なわけだ。
時給換算した時に少しでも得をしてる方がいいに決まっている。
言ってみれば楽しませてあげる事も大事だが、早く終わらせてあげる事も大事なのだ。

よっぽど本番をさせた方が早く仕事が片付くと思っているのだからそれはそのはずだ。
だからこそ本番をした時はキツキツに締めてくる。
これがたまらなく気持ちが良いし、醍醐味だったりもする。
まずは本番をしたいのなら相手の事も気遣う必要は確実にあるという事を覚えておこう。

僕が体験した事で言えば、
攻め手に回ってベロンベロンに舐め回して自分の持ち得る全テクニックを捧げるつもりで攻めまくると、
向こうから欲しがったりしてくる。

結局のところ向こうも人間。
気持ち良くなってくれば我慢出来ずに欲しくなってしまうのが道理。
当たり前の事だが、案外これは出来ていない男性が多いのではないかと思う。

あくまでも相手に気持ち良くなってもらうつもりで風俗に行く。
気持ちとしてはそれが一番モチベーションを上げやすいのではないかと思う。
自分本位なセックスを楽しみたいと思ってるだけでは所詮その程度の対応しかしてもらえないという事だ。
意地でも風俗嬢と本番がしたいのなら心を口説くつもりではなく、身体を口説くつもりで遊びに行こう。
そのままプライベートでお金を払う事を前提に呼び出す事も出来るようになるはずだ。

何事も気持ちというのは大事なのでそれを心得として風俗嬢に挑んでみよう。
きっと満足する結果を得られるはずだ。
第一条。まるでその時だけは恋人のように接する事。

出来るだけ風俗初体験を狙え!

これはもう基本中の基本ではあるが、やはり当然の事項ではある。
風俗初体験というのはやはり不安も大きいものがあるだろう。
そういう子に対して優しく接してあげる事で、「この人は優しくていい人かも」と思わせる事が出来る。
断れない状況の一つとしては準備は万全になる。

風俗初体験だからこそ、断り方を知らなかったり、
本番はしてはいけないという事の意味が分からなかったりもする。
変な話、本番をさせてしまった方が仕事が早く片付くのだと言う事を教えてあげる事で
本番嬢になる事だってある。
まずは初体験の子を開拓してあげるのは今後のその子の為でもあったりするのではないかと思う。

他の子は本番ガンガンしてるよ?とか煽ってあげればもう完璧だろう。
そういう風俗初体験な子と話をする時に案外共通の話題があったりすると心を開いてくれる事もある。

心開けば股開くとは言ったものだが、まさにそういうものなのだ。
会話が楽しく出来るだけで距離はグっと縮むのだ。
優しく接するというのは安心感を与える。

それと結局女の子はお客さんが本当は最終的に本番がしたいと言う事は分かっているのだから、
後は言い訳を作ってあげればいいだけの話しなのだ。
意外と基本であって、実は複雑に心理的なところを突いてあげなけくてはいけないので、
あくまでもデリケートに風俗初体験の子を口説いていこう。
自ずと自分からセックスをしたいとアピールしてくるかもしれない。

本気でセックスをしたいと考えるよりは、説いてあげるつもりで初体験の子を口説いてあげよう。
この業界を知っている。どうしたらうまく稼げるのか。
そういう事を教えてあげる事は最終的にその子の為になるわけなのだから、いい事をしてるのだ。

躊躇う事はない。穴に入れたいと思う気持ちを内に秘め、しかし全開で初体験の子を選ぼう。
本当にこれは基本中の基本だと思うのだが、
案外選ぶだけで結局どうしたらいいのか分からない人がほとんどだと思うのであえて説明をさせてもらった。

あくまでも本番をする事が一番稼げる方法なのだと言う事を教えてあげる事を最終目標として接して、
楽しい会話をしよう。
そこに対する努力は必ず報われ、そして何よりも自分にとっていい結果をもたらす事が出来るはずだ。

会話もなく、ただただ本番がしたいから入れてもいいか?と聞くのは、
初体験の子じゃなくても女の子としては気分がいいものではないはずだ。
この心得を頭に入れて明日にでも挑戦してみてくれ。

ナンバー入りしてるような子を指名しよう

ナンバーに入ってる子というのは、それだけサービスがいいという事。
つまり仮に本番が出来なかったとしても、
それなりに満足させてくれるだけのテクニックなどを持っているという事なのだ。
ついでに言うと店員のお勧めなんかもありだったりする事がある。

実は僕が風俗の初体験をした時は、店員がお勧めだと言ってる子を指名して、
なんと風俗初体験にして本番をする事が出来たのだ。

しかもその子はそのお店ではナンバー入りしてるような子でたまたまキャンセルが入ったというような子。
タイミングも大事なのかもしれないが、この事を教訓に僕は結構店員にお勧めは?と聞くようにしている。
少なくともこれは常用手段だと思っている。

ナンバー入りをしていると言う事に関してはやはり間違いはないのだと思う。
何かしらの魅力があるからこそナンバー入りする事が出来るのだ。
大抵はお店で本番をさせてくれる子に関してはプライベートで遊べる確率も出てくる。
そこまでいければもうこっちのものだ。

そうなる可能性にまでこぎ着けるのは中々至難の技だとは思うが、
まぁ連絡先を聞いて返事は返ってくる程度には接してくれるはずなので、
ダメ元でもプライベートの付き合いを誘ってみるのもありだ。

もちろんお店の情報を2ちゃんねるとかで仕入れておくのもありだとは思う。
もちろんそれを全て鵜呑みにしてしまってはいけないと思うが、
情報として仕入れておく程度には問題はないだろう。
もしかしたら本当に情報通りな子である可能性もあるわけだし、そこは時の運ではあるが。

しかし何も知らないで全く可能性がない子を指名してしまうよりは少しでも可能性がある方がいいわけだ。
本番をしたいと思っているのなら試してみる価値はあるものだと思う。

それこそ人気のあるナンバー入り出来てしまうような子は本番話は案外本当だったりする事も考えられるはずだ。
しかしナンバー入りしているからと言って必ずしも本番をさせてくれるとは限らないし、
あくまでも僕が言ってるのは可能性の話しである事を忘れないようにしてもらいたい。

あまり可愛くなくてナンバー入りしていたりすれば、
それこそ本番営業をしてる可能性はまた比較的高くなってくるわけだし、
ナンバー入りの女の子を指名しない手はないのではないかと思う。
とても理にかなった考え方だと思うのだが。
それをどう受け止めるかは貴方次第だ。

素股中に間違えて入れてしまう

ちょっと強引な方法かもしれないが、素股をしてる最中に間違えて入れてしまうという方法もなくはない。
しかしあくまでもこれはかなりの強行手段なので、入れた瞬間に女の子に怒られてしまったり、
場合によっては罰金や出禁になってしまう可能性が出てきてしまうので、
そこは細心の注意を払ってしてもらいたい。
もし何か問題が起きても僕は責任は取れないのであしからず。

これをスマートにする方法としては少しロングタイムで女の子を指名する。
意地でも素股ではイかないようにする。
本番行為の交渉はしないようにする。
素股は出来ればバックか正常位の時を狙う。
出来るだけ本番しても良さそうな雰囲気を作ってあげる。

最初のロングタイムで指名する事に関しては、出来るだけ長い時間で勝負をする為である。
意地でも素股でイかないようにするのは、これは無駄に出してしまわないようにするのは当然なのだが、
素股だとイけないのかもしれない…と女の子に思わせる為である。

本番行為の交渉をしない事に関しては、
もし交渉して断られてしまった場合にそれ以降はもう強引に入れる事は出来なくなってしまうし、
もし断られてしまって強引に入れてしまった場合は確実に後がなくなってしまうからだ。
つまり本番をしたいと悟られてしまってはいけなという事。

素股は出来れば正常位かバックと言ってる事に関しては、
そのまま間違えて入れてしまう事が可能な体位だからである。

できるだけ本番しても良さそうな雰囲気を作る事に関しては、
あまり雰囲気を悪くしない為のもので、言ってみればアフターケアの為の伏線である。
ここまで言えばなんとなく分かるかと思うが、
結果的に強引に入れてしまうわけなのだから、ちょっとした気を使っておく事はとても大切な事だ。

女の子に嫌われてしまうような事は絶対にしない事。
これは風俗だけに限った事ではないから改めて言わずとも分かってくれると思うが…。
風俗だからと言って適当な扱いや、女の子を道具のように扱うのは良くない。
それは人としての価値が問われる事だ。

仮に本番の交渉をしてしまったとして、
それを断られたからと言ってふてくされたり、態度を変えてしまったりしてはいけない。
なぜなら本番行為自体はサービスの中にないのだから。

それを大前提に交渉をし、あわよくば本番をさせてもらう…
それこそ女の子の気分次第で可能になるかならないかが決まる。

心得としては「駄目で元々」がこの交渉術の鉄則なのだ。
覚えておこう。

やっぱりお金が手っ取り早い

何よりもこれが一番手っ取り早い交渉になってしまうのだが…これもちゃんと紹介しておこうと思う。
そもそもお金を手っ取り早く稼ぐ為に、女の子は風俗で働いてるわけだ。
そこに臨時収入が入ってくるのだとすればそれなりの対応にもなるであろう。
元々が金銭の絡んだ疑似セックスの場なのだから、
疑似を本物に変える為にはそれ相応の金銭をさらに上積みすればいいだけの話しなのだ。
これに関してはなんのリスクもない。

それでも断る子はもちろんいるが、そもそもセックスの手前まではしてるわけだから、
そこにそれなりのお金を渡すと言われれば交渉自体はとても楽になるはずだ。
ただしこれはあくまでも最終的な手段。
どんなに風俗に通っても誰とも本番が出来なかった時、
もしくは本気で指名した子とセックスがしたいと思った時にだけ使う方法である。

決して最初から諦めてお金をチラつかせるのは良くない。
なぜなら…そこに楽しみも何もなくなってしまうからだ。
もちろん考えてみれば確実に近い方法でセックスが出来るのだから効率のいい方法かもしれないが、
もし出来る事ならばそんなお金を使ったりなどしなくても、
普通にセックスが出来た方が気分もいいというものだ。
あくまでもお金を使ってと言うのは最終手段だと言う事を把握した上で交渉してもらいたい。
お金を使わなくとも出来る可能性などはいくらでもあるのだから…早まってはいけない。

世の中はお金だ。
だからこそこの手段は邪道でもなければ、悪い事ではないと思う。
むしろ理にかなった手段であり自分は気持ちがいいし、
女の子はお金ももらえるしでお互いにとってメリットがあるように見える。
しかしそれではお金で全てを解決してるようなものだ。

あまりにも悲しいとは思わないか?
何度も言おう…勘違いしてもらわない為に、何度でも言う。
本番をするまでの過程や、交渉する為の成功手段を自分で色々と見つける醍醐味もあるはずだ。
だから決して最初から金銭による交渉はしないように心がけてもらいたい。
お金で最初から交渉してしまうというのは結果として自分の価値を決めてしまっている事にも繋がってしまう。

お金を出さないと女の子とセックスも出来ないと思いこむような結果を招いてしまう。
そうではない…貴方には貴方の魅力が必ずあるはずなのだ。
それを見つけるためにも風俗と言うのは存在しているのだ。
諦めてお金に頼る前に貴方の魅力を試してみよう。
きっと新たな自分を見つける事が出来るはずだ。